株式会社シンエスプラン
skymyb.com ホーム Windowsアプリケーション 会社概要 お問合わせ
オーダーエントリーアプリ
このアプリケーションは、公開に向け只今準備中です。
 
機能一覧
・オーダーのエントリーは、担当、テーブル、商品を選択し登録します
・TCP/IP,Http,Blutoothから通信が選択できます。

・Androidマスタ保守アプリとWindowsストアーサーバープログラムを組み合わせて、利用するこができます。

・組み合わせ例
@オーダーエントリーアプリ+データ連携開発キット
Aオーダーエントリーアプリ+Androidマスタ保守アプリ(データベース機能内蔵)
Bオーダーエントリーアプリ+Windowsストアーサーバープログラム
Cオーダーエントリーアプリ+Windowsストアーサーバープログラム+Androidマスタ保守アプ
POSレジアプリ
このアプリケーションは、公開に向け只今準備中です。
 
機能一覧
・POSレジ
・点検レポート
・精算レポート
・在高登録
・売上日報
・売上週報

・データ連携開発キットと合わせることで、既存のデータベースを利用することができます。

・組み合わせ例
@POSレジアプリ+データ連携開発キット
APOSレジアプリ+Androidマスタ保守アプリ(データベース機能内蔵)
BPOSレジアプリ+Windowsストアーサーバープログラム
CPOSレジアプリ+Windowsストアーサーバープログラム+Androidマスタ保守アプ
ストアーサーバーマネージャー (Androidマスタ保守アプリとWindowsストアーサーバー)
このアプリケーションは、公開に向け只今準備中です。
Android マスタ保守アプリ
Windowsストアーサーバープログラム
   
機能一覧
・商品部門マスタ設定
・商品マスタ設定
・テーブル設定
・担当者設定
・メニュー画面設定
・課税設定
・ログイン画面設定
・ネットログインユーザー設定
・プリンター設定
・アプリ設定

・データベース(SQLite)でのサーバー機能が内臓されれおり、Android端末間でTCP/IPか Bluetoothにより利用することができます。
機能一覧
・Android マスタ保守アプリに対応したデータベース処理
・データベースは、MS SQLServer,SQLiteを選択から出来ます。*1
・Webサーバー(IIS)で稼働させることも出来ます。*2

*1 MS SQLServerは別途インストールが必要になります。
*2 IIS の別途インストールが必要になります。Webサンプルサーバーのソース形式での提供になります。
AndroidアプリとWindows.NETプログラムとのデータ連携開発キット
ダウンロードはこちらから

データ連携開発キットは、アンドロイドアプリとWindows.NETプログラムとの間で通信を意識することなくプログラミンが行える開発ツールです。開発キットを利用する事によりモバイル端末の操作性、機動力を生かしたアンドロイドアプ リが既存のデータベースと連携して動作させることができます。

新たに業務アプリに追加する場合も、ビジネスロジックの実装に集中して開発が行えます。

また、「オーダーエントリーアプリ」、「(POSレジアプリ」「ストアマネージャー(マスタ保守機能)」「ストアーサーバー」の機能をカスタマイズする事にも対応できます。


サンプルソース
ソースコードのダウンロードはこちらから
 Android Studio Javaプログラムソース  MS Virtual Studio .NETプログラムソース
   
機能構成図

主な機能
 
通信方式はHTTPとTCP/IPから選択することができます。
 
アンドロイドアプリ間でもデータ連携が行えます。アンドロイドアプリ間での通信方式は、TCP/IPとBluetoothから選択ができます。
 
サンプルプログラムでは、アンドロイドアプリからWindows.NETプログラムと連携しデータベースを参照、登録、変更、削除する機能が実装されています。
 
アンドロイドアプリ間でもデータ連携が行えアンドロイド内のデータベースを更新する機能が実装されています。
 
アンドロイド端末1台でもTCP/IP通信により、クライアント側、サーバー側の双方の機能を連携させて動作させることができます。
 
アンドロイドアプリのサーバー機能は、サービスとして動作させることができ、Windows.NETプログラムと同等の機能が実装されています。
 
信方式TCP/IPを選択するとウェッブサーバーの設置が必要でなくなり、開発キットに実装されているサーバー機能ですぐに実行できます。
 
開発キットにより実装されたWindows.NETプログラムは、IIS(HTTP)、TCP/IPの双方で動作させることができます。
開発キットの利用によりモバイル端末の操作性、機動力を生かしたアンドロイドアプリの開発に是非お役立てください。